組子のある生活

日本の伝統工芸技術の組子細工に触れたことはありますか?

 

飛鳥時代から受け継がれてきたその技術は、日本家屋の建具の装飾技法として親しまれてきました。

技術を習得するまでには10年以上かかると言われている、高度な加工技術です。

釘や接着材を一切使わないことで、その性質と魅力を最大限に引き出された木材と、長年培われた職人の技が

組み合わさって出来上がった作品が組子細工です。

 

「香り」「肌触り」「木ならではの温かみ」は、木材に一切加工を施していない白木の魅力。

見ても、香りでも楽しい組子のある生活はいかがですか。

 

そんな素敵な生活をたくさんの人に提供するために立ち上げたお店です。

これからよろしくお願いします。