J LIFE gifts Story


「欲しいと言ってくれる人に譲りたい。」


J LIFE gifts 設立前、仕事の空いた時間に作った製品を友人に贈っていた作り手は、

「欲しいと言ってくれる人に使ってほしい。」と嬉しそうに笑っていました。

そして、他の作り手も「自分が作ったものに買い手がついた瞬間って、本当に嬉しいんだ。」と教えてくれました。

50年以上、誠実で丁寧に続けられてきた仕事の根底には、彼らのこのような想いがいつもあり続け、

それは製品の繊細さとあたたかみになって反映されているような気がします。

世界中の「欲しい」と言ってくれる人を探したい。


 海外だけでなく、日本でも組子細工を知っている人はまだ多くはありません。

そして、知られていないということは、未来に残る組子細工も減ってしまうということです。

製品や技術だけでなく、今日まで繋がれてきた作り手の想いも途切れてしまいます。

 

「作り手のまっすぐな想いと、あたたかな製品をもっとたくさんの人達に知ってほしい。」

「世界中の未来の生活にも、たくさんの組子細工があっていてほしい。」

 

そんな思いで、世界中の「欲しい」と言ってくれる人たちを探すために、J LIFE gifts の立ち上げを決意しました。 

伝統の形にこだわる理由


組子細工の直線的な幾何学模様のデザインは、自然からのインスピレーションから出来上がったと言われ、

古くから普遍的な美しさで人々に親しまれてきました。

また、木材はそのものの色味、肌触り、香りは、いつの時代も私たちの暮らしに安らぎを与えてくれます。

伝統工芸技術組子細工が古くに生み出され、昔も今もずっと美しいと言われて、受け継がれてきたのには、

職人たちの繊細な技術に加えて、このように飾らないシンプルな魅力があったからだと思います。

 

安心して長く使ってもらえる製品だという自信があるからこそ、

私たちの製品も、未来の生活でも愛され続けるものであってほしいという願いを込めて、

流行りものをあえて取り入れずに、伝統の魅力が一番輝くような製品作りにこだわっています。

J LIFE giftsが届ける、みんなが「欲しい」と言ってくれる工芸品


「現代」と「伝統」を掛け合わせるために、考え抜き、辿り着いたのが「シンプル」というキーワードでした。

シンプルな製品、シンプルなコンセプト、、など、何度も作り手と試行錯誤を繰り返しました。

そして、見た目にはシンプルながらも、作り手のものづくりへの強い思いや、私たちが込めた願いを

まっすぐに伝えていってこその、J LIFE gifts が届ける工芸品です。

 

これから1人でも多くの人に製品を届けることによって、世界中の「欲しい」と言ってくれた人と、

それを見て喜ぶ作り手たちも、笑顔にできる活動をしていきたいと思います。


J LIFE gifts がこだわった「シンプル」について